実印の登録申請のやり方

実印イメージ

実印登録できる資格は以下の通りです。

  1. 市区町村に住民登録している。
  2. 外国人は外国人登録法による登録済み。
  3. 15歳以上。

登録できる印鑑の規定は次のようになっています。

  1. 1人つき1本。
  2. 印影が一辺8mm~25mmの正方形に収まるもの。
  3. 文字は住民基本台帳または外国人登録原票に記録されている氏名とその組み合わせに限る。

登録できない印鑑についてです。

  1. 変形しやすいゴム印など。
  2. 規格外。
  3. 印影が不鮮明な判。
  4. 文字が切れている判。
  5. 外枠のない判。
  6. ローマ字の判。
  7. 本人の氏名だと判断できないもの。
  8. 氏名以外が彫られているもの。
  9. 芸名、ペンネーム、雅号、屋号など。

これらに符号する印鑑を用意し、実際に実印を登録申請にするときには、住民登録している市区町村役場へ直接本人が出向く必要があります。
印鑑登録申請書に印鑑を添えて窓口へ申請しますが、何らかの事情によって本人が行えない場合、理由を証明する委任状を添えて代理人が申請することもできます。
委任状は各役所に事前に問い合わせてみてください。
印鑑登録の際には以下のようなものが必要です。

  1. 実印として登録する印鑑。
  2. 指定されている身分証明書。
  3. 登録費用。

申請をすると「印鑑登録証」というカードが交付され、実印登録完了となります。
印鑑証明は、この「印鑑登録証」を市区町村役場へ持参すれば、印鑑証明書を交付してもらえます。
発行費用は一通につき300円程度。
印鑑証明書に有効期限はありませんが、契約書によっては「○日以内のもの」と求められることがほとんどです。

~ WEBウォッチ│おすすめサイト ~

何の登録もしていない印鑑の事を認め印と言います。
宅急便の受け取りや社内や地域の回覧板のチェック欄に押す時など、生活の中で使用頻度の高い印鑑です。
重要度が低い分で思い切って自由なデザインにすることも出来ます。

自分だけの印鑑を作ってみる。

ページの先頭へ