印鑑用語を紹介します

印鑑イメージ

印鑑にはさまざまな用語が存在します。 その中からいくつかご紹介しましょう。

「契印」(ちぎりいん)

契印は契約書が複数枚にわたる場合、これらが一つの契約書であることを証明するために押印されます。
これは、契印がないと、後から書面の追加や差し替えの怖れがあるため。
使用する印鑑は署名捺印に使用した印鑑と同じものが使われ、契約当事者全員が押します。
ホッチキスで留めた契約書のでは、全ページの見開き両ページにまたがるように押印されます。
袋とじの契約書の場合は、裏表紙と帯の継ぎ目のところに契印が押されます。

「割印」(わりいん

契約書など同じものが正本と副本、原本と写しの二つの書類として用意された場合、両者が同一である証として押印されます。
領収書を発行する際、領収書と控えとにまたがって1つの印影が押されるようなのと同じです。
また、同じ契約書を2通作った場合にも、割印が残されることがあります。
このときの割印は署名捺印に使用した印鑑と同じである必要はありません。

「捨印」(すていん)

捨印は契約書など、文書内容に訂正が出た際、前もって訂正印に代わる印鑑を欄外に押しておくものです。
後日、わざわざ相手の押印をもらいに行く手間は省けますが、内容を勝手に書き換えられる危険性もあるので、捨印を押すときは慎重に。

「止印」(とめいん)

止印は、契約書などに余白があったとき、あとから文章が追加されたりしないよう、文字の末尾に押す印鑑のことです。
使用する印鑑は署名捺印に用いたのと同じ印鑑で使います。

~ Hot Topic│話題のWEBサイト ~

印鑑の中で実印は重要なものです。
大きな契約の時に必要なこの印鑑は本人の意思で本人がその契約を結んだという証拠にります。
ですので、失くしてしまったり、盗難にあってしまった場合改印しなければなりません。
法的効力を持った印鑑はしっかり保管しましょう。

ページの先頭へ